被害者が知っておくべき保険の話

ここでは,交通事故の被害者が知っておくべき保険をご紹介したいと思います。

 

第1 加害者が加入している保険

① 自賠責保険・共済

自動車損害賠償保障法という法律に基づいて,全ての自動車について加入が義務付けられている保険です。強制保険ともいわれます。

保障の範囲は,法律で定められていますが,被害者への最低限度の補償を確保することを目的とした保険ですので,裁判上認められる賠償額を大きく下回ります。また,車両の破損などの物的損害(物損)は,補償の対象外となっています。

 

② 対人賠償責任保険,対物賠償責任保険

交通事故などにより他人の生命身体財産を毀損した場合には,当該他人(=被害者)に対して,損害賠償責任を負いますが,この賠償責任を履行するために,予め加入しておくのが対人対物賠償責任保険(以下「賠償責任保険」といいます)です。

被害者に対する賠償責任を履行するための保険という点では,自賠責保険も賠償責任保険も同じです。

異なる点としては,まず,賠償責任保険は,加入するかどうかは個人の自由です。また,自賠責保険では補償限度額や補償基準が法律で定められており限定的ですが,賠償責任保険では,補償の限度額は契約時に自由に決めることができます(通常は無制限)。補償基準も特にありません。

賠償責任保険は加入が任意ですので,ドライバーの中には保険料がもったいないということで加入していない人もいます。特に,原動付自転車などの所有者は加入していないことが多いです。しかし,死亡事故や重度後遺症を伴う事故を引き起こす可能性は誰にでもあり,その場合に,被害者に対して負う賠償責任を履行するには,自賠責保険では到底足りません。この時,賠償責任保険に加入していれば,保険で賠償責任をカバーできますが,加入していなければ,自らの財産をもって,賠償責任を履行しなければなりません。

 

第2 被害者自身の保険

① 人身傷害補償保険

上記で述べた自賠責保険や賠償責任保険は,交通事故によって他人の生命身体財産を毀損した場合に,他人に対する損害賠償責任を履行するための保険です。

他方,人身傷害補償保険は,自らが交通事故に遭遇した場合に,被害者自らが被った人的損害を填補するための保険です。物的損害については,車両保険でカバーします。

人身傷害保険の特徴としては,被害者自身の過失の有無はもちろん過失割合も問わずに,過失部分も含めて補償されるという点が挙げられます。また,補償対象も広く設定されており,保険契約者本人はもちろん,その配偶者や同居の親族等が事故に遭遇した場合にも適用されます。さらに,これらの者が契約車両以外の車両に乗車していた場合や,歩行中に事故に遭遇した場合にも適用されることが多いので,補償の範囲は広いと言えます。また,加害者との交渉が不要ですので,事故後比較的早い段階で補償を受けることができます。

ただ,支払われる保険金額は,保険会社が独自に設定した基準によって算定されるため,裁判基準によって算出される賠償額(被害者が本来受領すべき賠償額)よりも少ない額の補償となります。

したがって,人身傷害保険に加入しており保険金が支給されるケースでも,その保険金額で満足せず,本来受領すべき賠償額との差額について,加害者側に請求していくことが重要です。

 

② 無保険車傷害保険

この保険は,自らが交通事故に遭遇した場合において,交通事故の相手方が対人賠償責任保険に加入していない場合など,いわゆる無保険車である場合に,被害者自身の損害を填補するための保険です。

無保険車に該当するものとしては,相手方が対人賠償責任保険に加入していない場合の他,加入しているものの運転者が年齢条件違反などの理由で保険金が支払われない場合,対人賠償責任保険の保険金よりも無保険車傷害保険の保険金の方が高い場合,当て逃げなどで相手が行方不明の場合などがあります。

また,補償対象となるのは,被害者が死亡又は後遺障害を被った場合に限られ,後遺障害の認定を得るに足りない怪我を負った場合(つまり傷害部分)は,補償対象外とされることが多いです。

 

③ 搭乗者傷害保険

この保険は,契約車両が交通事故に遭遇した場合に,契約車両に乗車していた人(運転者も含みます)の損害を填補するための保険です。

人身傷害保険や無保険車傷害保険からも保険金が支払われる場合でも,これら保険金とは別に,保険金の支払いを受けることができます。

人身傷害保険と比較されることが多いですが,人身傷害保険とは別に加入する意味としては,人身傷害保険よりも保険金の支払いが早く,当座の出費に対応することができると言われます。

具体的には,人身傷害保険は,原則として,治療が終了してからの保険金の支払いとなりますが,搭乗者傷害保険は,治療中であっても約款に従い保険金が支払われます。

 

第3 交通事故に遭遇した場合に大切な事

交通事故被害者が知っておくべき保険をいくつかご紹介しましたが,ここで大切なのは,事故に遭遇した場合に,あなたに適用される保険をもれなく調べるということです。

補償内容や補償範囲は保険によって様々です。

あなた自らが加入している保険があるのであれば,必ず保険会社に問い合わせて,今回の事故による損害に適用されないかどうか聞いて下さい。

また,配偶者や同居の親族が加入している保険があるのであれば,それら保険が適用され,あなたの損害に対する保険金を請求することができる場合もありますので,同じく保険会社に問い合わせるようにして下さい。

トップへ戻る

050-5283-0397 問い合わせバナー