弁護士紹介

池田直樹 Naoki Ikeda

自分の意地を通そうとして、無理をしている人
出口のわからない迷路で疲れ果てる人
突然の事件に巻き込まれ立ちすくむ人
間違ったことを正すために大きな相手に立ち向かう人

それぞれの人にとっての人生の一大事に、依頼を受けて、時間を共有し選択肢を説明しアドバイスし事件処理した結果、納得の行く結論が得られ喜んでもらえたとき、最高ですね。この思いを積み重ねるため頑張ります。

取扱分野は、借地借家契約関係、労働事件(不当解雇など労働者側)、離婚、遺産分割、成年後見申立、債務整理、自己破産、民事再生、高齢者の介護事故、障害のある人に対する虐待事件、刑事事件弁護、少年事件付添人など、多岐に渡りますが、特に、高齢者や障害のある人々を支援する活動に力を入れています。

なお、個人のホームページもありますので、ご覧ください。
http://www.osaka-advocacy.com/

 

経歴

学歴 兵庫県立神戸高等学校卒業
京都大学法学部卒業
職歴 昭和61年     上坂合同法律事務所入所
平成3年       池田・福森法律事務所設立
平成9年       大阪アドボカシー法律事務所設立
平成27年      事務所名を「上本町総合法律事務所」に改称
活動等 平成12年4月~ 大阪簡易裁判所所属民事調停委員        (~平成●年●月)
平成15年3月~ 大阪市社会福祉研修・情報センター運営委員会委員(~平成21年3月)
平成15年~    日本高齢者虐待防止学会:理事長        (~平成24年3月)
平成16年4月~ 大阪弁護士会人権擁護委員会:委員長      (~平成17年3月)
平成16年4月~ 近畿弁護士会連合会人権擁護委員会:委員長   (~平成17年3月)
平成20年4月~ 大阪府精神医療審査会委員           (~平成26年3月)
平成20年6月~ 早稲田大学臨床法学教育研究所客員研究員    (~平成22年3月)
平成22年4月~ 桃山学院大学社会学部客員教授         (~平成25年3月)
文献等 高齢者や障害のある人に関するものを中心に多数あります。
詳しくは、個人のHPをご覧ください。(http://www.osaka-advocacy.com/lawyer.html

 

池田克大 Katsuhiro Ikeda

自然豊かな京都府八幡市で少年時代を過ごしました。高校は、京都にある洛南高等学校に進学し、吹奏楽部の部活動9割、勉強1割の充実した学生時代を過ごしました。その後、子どもが関わる問題(少年事件や児童虐待等)に興味を持ち、司法試験を受験し、合格。平成23年に弁護士となりました。

弁護士となった後は、交通事故の被害者支援、遺言相続に関する事件、中小企業の倒産事件、企業の債権回収や損害賠償に関する事件、不動産取引や賃貸管理に関する事件、離婚事件、刑事事件等に取り組み、これまで数百件の法律相談に対応し、法的問題を解決してきました。
また、建設業・建築・外壁修繕・介護・鉄鋼業・印刷業・清掃業・家具の製造販売業・パソコン関連業・エステ等々、多種多様な企業の皆様の相談窓口となり、昼夜問わず、精力的に活動してきました。

現在は、民事事件・家事事件・刑事事件等、法律問題全般を取り扱っていますが、これまでの取扱実績等から、特に、交通事故の被害者支援、中小企業の支援(企業の法務、企業の再生)、遺言相続に関する事件(遺言の作成・遺産分割等)に力を入れています。なお、交通事故の被害者支援に関しては、個別のページを設けていますので、ご覧下さい。

日々の相談や業務を行う上では、次の3つのことを大切にしています。
まずは、相談者の皆様が相談しやすい雰囲気を作ること。
次に、皆様の一言一言に丁寧に耳を傾け、的確にニーズを把握すること。
最後に、ニーズに応じた最善の提案をし、ご依頼いただく際の費用を明確に説明すること。

悩んだときはいつでも安心して相談できる、そんな弁護士でありたいと思っています。
皆様の悩みに寄り添い、二人三脚で、一緒に問題を解決していきます。

 

経歴

学歴 私立洛南高等学校卒業
関西大学法学部卒業
関西学院大学法科大学院卒業
職歴 平成23年12月    守口門真総合法律事務所入所
平成28年3月    上本町総合法律事務所にパートナーとして合流
所属等 全国倒産処理ネットワーク
倒産法実務研究会
大阪弁護士会総合法律相談センター運営委員会(中小企業支援センター部会)
大阪弁護士会交通事故委員会
大阪弁護士会子どもの権利委員会
大阪弁護士会友新会研究委員会
中小企業家同友会(天王寺支部、青年部会)

トップへ戻る

050-5283-0397 問い合わせバナー